そうだったのか! 沖縄の意外な交通事情

 

 

沖縄には電車がないので、観光の移動手段にはレンタカーが欠かせない。

慣れない土地で安全に沖縄観光が楽しめるように、意外と知られてない沖縄道路交通事情の知っておきたいポイントをまとめました。

沖縄は車が少ないと思っているあなた。。。要注意です!

 

気をつけることは?

まず沖縄のアスファルトは使用している石が本土と違って石灰石のため、路面が乾燥してとても滑りやすい

雨の日は特に滑りやすく、発進時にはゆっくりアクセルを踏まないとタイヤが空回りします。

急ブレーキする時も同様に滑るので、前の車に追突しないように車間距離をとって安全運転を心がけましょう

ちなみに高速道路は本土の石を使用しているので滑りにくいです。

 

渋滞が多い!

上にも書いてあるが、沖縄には電車がないので県民の交通手段は自家用車がメイン

1世帯に1台は必ず車を所有しています。

しかも中には、家族の中で免許を持っている人全員が車やバイクをそれぞれ所有。

その皆が通勤通学で車を出すから頻繁に渋滞が発生して、沖縄の渋滞は全国ワースト5に入るほど。

本島で特に渋滞しやすいのは那覇市、浦添市、宜野湾市、北谷町、沖縄市などの58号線330号線

朝の通勤通学時間帯、夕方の帰宅時間帯は混んでない時と比べて倍近く移動時間がかかります。

金曜日や雨の日にはさらに渋滞するので、時間に余裕を持った観光プランを立てることをおすすめします。

 

意外と知られてないバスレーンを知っておこう

沖縄の朝夕の渋滞が特に目立つ那覇市、国際通り、浦添市、宜野湾市の国道にバスレーンという路線バス用の車線があります。

バスレーンとは、決まった時間帯にバス専用(優先)の車線になってバス運行を妨げないためのもの。

時間帯は場所によるが、朝は7時~9時半まで、夕方は17時半~19時半までの時間帯はバス専用になります。

ちなみに土曜・日曜及び休日、1月2~3日はバスレーン規制は実施されません。

渋滞している時に『あそこの車線が空いてる!』と言って走っていると反則金や点数が引かれたりするので要注意!

バスレーンの対象道路には専用標識道路標示(路面色が緑)があるので、確認しながら走りましょう。

 

迷いやすい

一部では道路標識があまり整備されてないスポットがあるので、レンタカーにあるカーナビで目的地まで行けても、目的地付近で迷ってしまうことがあります。

カーナビだけに頼らず、事前に地図でチェックしておきましょう。

我が家もカーナビあるけどたまに迷います。。。

 

車の速度が遅い

沖縄に住んでいる私たちにとっては遅いという感覚はあまりないですが、沖縄で運転するとイライラする人も少なくないと思います。

実際本土出身の私の友達が沖縄旅行に来ると、ほとんどが『遅い!』と愚痴をこぼします。。。

田舎に行けば行くほど制限速度以下で走っている車に遭遇しやすく、高速道路でも追い越し車線を制限速度以下で走っている車も。

そんなドライバーはだいたい、おじぃかおばぁなので大目に見てあげてください。。。

 

車よりバイクに注意!

速度が遅い車も注意が必要ですが、それよりもバイクの運転マナーが危ないです。

特に那覇付近は原付ドライバーが多く、原付禁止の道路でもガンガンいます。

しかも渋滞している時に車の両サイドを猛スピードですり抜けるバイクも多いので、車線変更する時には後方をミラーと目視で確認をした方がいいです。

 

レンタカーはETC車をおすすめ

沖縄の高速道路ではETC車の利用率がかなり低いので、通勤帰宅時間帯の出口料金所では一般車の列は渋滞しているのにTEC専用はガラガラ。

レンタカーを借りる時にはETC車にしてETCカードを持参することをおすすめします。

 

安全運転で楽しい沖縄旅行を

沖縄独自の交通事情を把握して移動することで比較的スムーズに目的地に到着できると思います。

次のスポットに急ぐこともあると思いますが、慣れない土地だからこそ日ごろよりも余裕を持って運転を心がけたいですね。

 

いつも応援ありがとうございます♪

 


ニッポンレンタカー
質の高い安心・安全・サービスを提供(チャイルドシート貸出サービスあり)

 



沖縄の格安レンタカー
地元発だからできる納得の料金プラン、地域密着型のレンタカー会社

 

レンタカー
沖縄レンタカー
クオリティーの高いレンタカーを提供し、快適なカーライフをサポート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です