沖縄生まれのメキシカン『キングタコス』(金武町)

 

 

『タコライス』と聞けばメキシコ料理かと思う人がいるかもしれません。

確かに『タコス』はメキシコ料理だけど、『タコライス』とはタコス+ライスのこと。

その名前の由来の通り、メキシコ料理のタコスを沖縄風にアレンジした料理です。

 

その発祥の地は那覇空港から高速道路で約1時間のところにある、沖縄本島北部の金武(きん)町。

すぐ近くに米軍基地『キャンプ・ハンセン』があるので、アメリカの街を思わせるような雰囲気がありました。

 

キングタコス本店はピンクの建物に、メキシコ国旗カラーの看板が特徴的。

赤がお肉、白がごはん、ロゴの黄色がチーズ、緑はレタスを表現しています。

 

  

 

ちなみに目的地は大通りの道沿いではなく少し狭い道(一方通行あり)に入るので、事前に地図チェックして向かうのがおすすめ。

店舗周辺には駐車場がないので、案内されている公共駐車場に駐車して行きました。

 

 

店舗入り口には堂々と1号店の看板が👀

 

 

早速中に入って元祖タコライスチーズ野菜を注文♪

 

 

ちなみにタコライスと言えばご飯の上にミート、その上にチーズ、レタス、トマトというのが定番。

だけどキングタコスでは

タコライス

タコライスチーズ

タコライスチーズ野菜

と3種類あります。

 

写真のふせんに書いてある通り、タコライスはご飯の上にミートだけ。

実は、かつて米兵が生野菜を嫌っていたためチーズと野菜はトッピング式にしてたんだとか。

今では野菜も好まれるようになって、辛さも求められるようになってるみたいです。

 

実は私。。。

過去に別店舗で注文した時、この3種類のメニューの仕組みが分からなくて『タコライス』で注文してしまい

『なんでチーズとレタスが入ってない!?』という失敗をしたことがあります(笑)

 

と、タコライスチーズ野菜が出来上がりました。

店内(2階)で食べるのに、まさかのパック入りでちょっとびっくり(笑)

 

  

 

ふたが閉まらないぐらいボリューム満点!!

備え付けのチリソースとケチャップをお好みで♪

 

 

ボリュームが半端ないので、食べるときはトレイに乗せたままの方がこぼれても片づけが楽になります。

ゆっくりそろそろ~っと端からスプーンですくって。。。

いただきます!

 

 

スパイシーなミートに、チェダーチーズのコク、新鮮レタスのシャキシャキ感、それに加わるチリソースの旨辛が絶妙のハーモニー

これはクセになる味わいです。

ちなみにチリソースは辛味が結構あるので、小さい子どもにはケチャップがおすすめ。

 

タコライス発祥の地、金武町で元祖タコライスをぜひ!

 


ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援して頂けたら嬉しいです♪

 

~キングタコス 本店~

住所:沖縄県国頭郡金武町金武4244−4

営業時間:10時半~翌1時

定休日:年中無休

TEL:090-1947ー1684

 

沖縄県国頭郡金武町金武4244−4

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です