沖縄通なら知っときたい! チャンプルー文化って何?

 

沖縄チャンプルー文化

まず、沖縄の代表的な料理に『○○チャンプルー』があります。

ゴーヤーチャンプルー

豆腐チャンプルー

フーチャンプルー

等々…

『チャンプルー』とは沖縄の方言で『いろんなものを混ぜる』という意味。

 

そして沖縄は昔からアジア近隣諸国、アメリカ文化様々な異文化が入り混じっている特徴があります。

例えば、那覇空港から約1時間北上したところには沖縄市があり、沖縄市は沖縄県内の中でも特に異文化が発展している場所の一つ。

 

 

ここは沖縄市にある空港通りの一部。

この場所に足を踏み入れると、日本国内かと目を疑うほど異国の空気が流れています。

空港通りを歩いてみるとアメリカ人、インド人、中国人、様々な人種が入り混じっていて、店舗も外国人向けのお店が数多くあります。

 

アメリカ西海岸を思わせる街並み北谷町

沖縄市と同様に、沖縄の中部に位置する北谷町もチャンプルー文化が色濃く残る地域。

住宅地には外国人向けのアパートや一軒家が並び、住宅地だけでも外国のような雰囲気があります。

 

 

そしてアメリカの西海岸をイメージして作られた商業施設地域

『アメリカンビレッジ・デポアイランド』

 

 

『アメリカンビレッジ・デポアイランド』は、アメリカンな陽気な雰囲気と、沖縄のゆったりとした雰囲気が融合した魅力ある人気スポット。

ここは沖縄旅行に来たらぜひ、観光してほしいスポットの一つです。

また、海沿いを散歩できる公園(安良波公園など)には、多くの外国人の方が朝夕の散歩を楽しんでいる光景に出会うことが出来ます。

 

まとめ

沖縄市や北谷町に限らず、那覇市金武町など他の地域でも、異国情緒溢れる場所がたくさんあります。

日本でありながら独自の文化を持つ沖縄へ旅行に来た際には、様々な場所でぜひチャンプルー文化を見たり体感して、観光を楽しんで頂けたら嬉しいです♪

 

いつも応援ありがとうございます♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です