意外と沖縄観光雑誌に載っていない沖縄食堂『ゆいま~る』(読谷村)

 

 

我が家のお気に入りである沖縄食堂『ゆいま~る』

意外と観光雑誌に載っていないみたいでびっくり👀

確かにいつ行っても沖縄県民のお客さんの方が多いかな~と思います。

すでに紹介済みではありますが、最近また食べに行ったので再度紹介したいと思います。

 

過去記事 ⇒ 県民に大人気の沖縄食堂『ゆいま~る』(読谷村)

 

ゆいま~るの外観

 

58号線を名護向けに走って、左側にある道沿いの食堂。

道沿いなんだけど、風景と同化しているので通り過ぎ注意です💡

 

 

すぐ隣には読谷村共同販売センターがあって、ここはやちむんの里のやちむん(焼き物)が販売されています。

 

  

 

右側がゆいま~るの入り口で、左側が読谷村共同販売センターの入り口。

ドア越しに少し覗くとやちむんがたくさん並んでいて気になったけど、次の機会に行ってみようと思います♪

 

ゆいま~る店内

 

広々として、どっしりとした沖縄らしいテーブルがズラッと。

奥には座敷テーブルが4台。

子ども用の豆イスもあるので、家族連れにも人気♪

 

 

テーブル上には、沖縄そば店には欠かせない定番のコーレーグース、紅ショウガ、七味などの調味料が置いてあります。

ちなみに容器は全てやちむんの里のやちむん。

 

  

 

そして各テーブルに置いてあるやちむんは形や模様も違うので、どんなやちむんがあるか見るだけでも楽しめると思います。

もしかしたらお気に入りも見つかるかもしれません♪

 

ゆいま~るメニュー

 

メニュー表はシンプルにそば定食丼物・カレーの3つのカテゴリー。

おすすめはやっぱりボリューム満点の定食!

今回も定食から軟骨ソーキ煮付定食と、ヘチマ味噌炒め定食を注文しました。

 

軟骨ソーキ煮付定食

 

軟骨ソーキ煮付定食には味噌汁ではなく、シンプルな沖縄そば(小)がついてきます。

 

 

煮付の具は島豆腐の揚げ豆腐、にんじん、大根、結びこんぶ、チンゲン菜、キャベツ。

そしてメインは軟骨ソーキ肉!

なのに写真撮るの忘れた。。。

お箸で持てないぐらい大きいし、こんなに大きいのはなかなか見ないです👀

 

味がしっかり染み込んでいて、軟骨も柔らかくて食べやすい。

軟骨ソーキ肉は煮込み具合で軟骨のコリコリッとした食感から、トロっと滑らかにトロける食感まで幅広く食べごたえのバリエーションがあります。

それぞれの好みなんだけど、沖縄ではトロける食感の方が多いかな?

 

ヘチマ味噌炒め定食

 

本土ではヘチマは身体を洗うタワシに使われているみたいですが、ここ沖縄では主に食べます。

ヘチマは沖縄の方言で『ナーベーラー』と言い、県民に愛されている食材の1つ。

そして『こんなに美味しいものを食べずに乾燥させて身体を洗うなんてもったいない!』と思っている県民は多いんじゃないかな(笑)

まぁ、食べ慣れないものを食べることに抵抗はあるかと思うけど。。。

ヘチマは水分が多く、味もあっさりしているので食べやすいと思います👍

 

 

お皿いっぱいに入ったヘチマ味噌炒め。

ヘチマ、島豆腐、にんじん、ネギ、ニラ、豚肉。。。

たくさんの野菜が入ってました。

 

 

ヘチマはほどよい大きさのものが丸々1本入っているんじゃないかと思うぐらいたっぷり!

食感もみずみずしくて味噌と相性抜群👍

味噌炒めと言っても、ヘチマから水分が出るから見た目は煮込み料理。

残った汁気はごはんと一緒に、おじや風にして食べるのがおすすめ✨

 

それにしてもこのやちむん、普通のお皿より保温効果が高いのかもしれない。

最後の2~3口になってもなかなか冷めずアツアツ💨

 

 

お茶碗も可愛かったし、料理を盛り付けた時にも見栄えが良くなるし✨

欲しくなってきたな~♪

 

いつも応援ありがとうございます♪

 

店舗情報・マップ

~読谷食堂 ゆいま~る~

住所:読谷村座喜味2723−1 営業時間:11時~16時

定休日:木曜

TEL:098ー958-6719

 

読谷村座喜味2723−1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です