子どもが夢中!大人も童心に帰る!ビオスの丘(うるま市)

 

年末年始の連休もあっという間に終わって早1週間💨

 

休み中は夜更かしが多かったので生活リズムを戻しているところです(笑)

 

 

さて、今日は年末に遊びに行った『ビオスの丘』を紹介したいと思います。

 

沖縄の本島中部うるま市にあるビオスの丘は、蘭と自然のテーマパーク

 

亜熱帯の森で囲まれた自然の中で遊んで学び

 

のんびりゆったりと子供から大人まで楽しむことができます♪

 

 

我が家は長男が2歳の頃に遊びに行ったことがあり

 

『また遊びに来よう~』

 

と言って4年ぶりに行きました(笑)

 

 

4年ぶりに行ってびっくりしたのが広場にあるこの大型遊具!

 

しかも一般的な遊具の材質ではなく、自然の樹をそのまま使った遊具!

 

4年前はなかったから『いつの間に!』って感じです😲

 

 

裏にもガジュマルの樹があって木登りもできるし一体感がすごい。

 

長男、長女が周りの子どもと混じって楽しそうに遊んでました😊

 

 

隣には遊具を新しく作っているのかクレーン車があり、おじさんが樹を削っていました。

 

最近、重機の魅力に目覚めた次男がクレーン車を見て

 

『おぅ~!かーい!(高~い!)』

 

と大興奮(笑)

 

 

さらにその隣にはヤギ🐐が数頭いて、柵の外では手綱を引いてお散歩できるヤギもいます♪

 

 

そして大きい黒ブタもいました🐖

 

読谷の残波岬公園 にいた黒ブタは小型~中型犬ぐらいの大きさだったから種類が違うんだろうな~

 

もし同じ種類ならビックリ(笑)

 

 

100円で餌やりもできて、我が家の子どもたちも積極的にニンジン🥕をあげていました😊

 

ビビりの長女はなぜかこのブタにはビビらず

 

『ブタさ~ん!ニンジンはいどうぞ~!』

 

と塀の中にニンジンを入れまくってました😆

 

 

すると後ろから水牛車が!😲

 

長女はまたビビってパパに抱っこされて逃げ出し💨

 

長男は少しびっくりしたのかその場で固まったまま見つめて👀

 

次男は『おぅー!きゃー!』と笑顔で近寄り(笑)

 

いつも思うけど、子ども3人性格が違いすぎて面白い😂

 

 

広場から少し離れた場所にある牛舎では、2頭の水牛がエサを食べていました。

 

その様子を長男、次男は興味津々で近寄るが、ビビりの長女は

 

『にぃーにたち!あぶない!こっちおいで!』

 

と、パパと一緒に離れた場所で叫びまくり(笑)

 

 

逆光でうまく撮れなかったけど、ハイジが乗ってそうな巨大なブランコも3台ありました。

 

(1台は左のガジュマルに隠れています)

 

 

そしてシーソーも巨大!

 

我が家も男と女に分かれて乗りましたが、太いし重くて振動がすごい(笑)

 

 

原っぱの隅には昔ながらの遊び道具、竹馬や縄跳びの縄などが置かれていて、自由に遊ぶことができます。

 

広場でも縄跳びや竹馬をしている家族が数組いて、よく見ると子どもより大人が楽しんでました(笑)

 

現代の遊びもいいけど、やっぱり昭和の遊びって自然でいいよね~✨

 

 

次は【亜熱帯の自然豊かな森を楽しむ散策路】を紹介します!

 

更新をお楽しみに~♪

 

ポチッと応援して頂けたら嬉しいです♪

 

施設情報・マップ

~ビオスの丘~

住所:沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30

営業時間:午前9:00~午後6:00

※入園は午後5:00まで

定休日:年中無休

TEL:098-965-3400

FAX:098-965-1935

公式サイト:ビオスの丘 

 

“沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30“

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です