沖縄そば 豚骨臭MAX!!クセ強めで癖になる人続出!?話題のアワセそば行ってみた

ハイサ~イ🌺

沖縄は記録的な大雨で大変な数日を過ごしていたさぁ。

どうも、はぴおきパパです。

大雨も無事過ぎて安心しています。

今日は沖縄そばの老舗アワセそばをご紹介しますよ。

※今回ご紹介する記事の中で使用している写真についてはコロナ感染前の写真になります。

(現在はコロナ感染対策を講じていると思われるので、実際の店舗風景とは多少異なる可能性がありますのでご了承ください。)

沖縄そばの老舗 創業35年アワセそば食堂

沖縄県中部で老舗の沖縄そば屋さんといえば、沖縄市にあるアワセそば食堂さんです。

創業は35年という長い歴史がある沖縄そば屋さん。

アワセそばは製麺屋さんも兼ねており自家製麺が特徴のそば屋さんです。

製麺工場も経営しているので麺には自信があるそうですよ。

製麺工場を持っている沖縄そば屋ということで、ついつい期待が膨らみます。

沖縄そばを注文してみた

今回は軟骨ソーキそばと本ソーキそば、じゅーしぃ(沖縄風炊き込み)を注文してみました。

さっそくやってきた軟骨ソーキそばと本ソーキそば、じゅーしぃ。

まずは軟骨ソーキそばからいただきます。

大きな軟骨ソーキと自家製麺そして豚骨ベースの白濁(はくだく)したスープ。

軟骨ソーキそば(豚アバラ肉の軟骨部分)

見た目はTHE・沖縄そばって感じのビジュアルです。

食べてみると自家製麺はツルツルしていておいしい。

さすが自慢の製麺工場で作った自家製麺さぁ。Niceぅ~。

スープを飲んでみると‥ワァオ!豚骨臭が強すぎて豚骨独特のクセが結構あるよ~~。

スープは賛否が別れそうな感じかなぁ。

軟骨ソーキはホロホロ柔らかく煮込んでおりGood♪

全体的なバランスで見てみるとやっぱり少々豚骨が主張しすぎな感じがしましたね。

(個人的な感想なのでアワセそば食堂のスタッフさん気にしないでください♪)

もう一方の本ソーキそばも軟骨ソーキそばと同様なテイストでした。

本ソーキそば(本土ではスペアリブの部分)
じゅーしぃ(沖縄風炊き込みご飯)
沖縄そばの名相棒たち(コーレーグース・七味・紅ショウガ)

はぴおきパパ ✨one pointアドバイス✨

自家製麺の麺は万人受けしそうだと思います。しかし、スープが‥

とにかくクセが強めで賛否が分かれる可能性が大。

豚骨ベースが好きな人や豚骨臭のクセが気にならない人なら合いそう。

あっさり味やクセのないまろやかなスープが好きな人はあまり

おすすめは出来ないと感じました。

豚骨のクセが気にならないor好きな人⇒おすすめ○

豚骨のクセが気になるor嫌いな人⇒おすすめできないかも×

☆店舗情報☆

アワセそば食堂

住所:沖縄県沖縄市高原5丁目3−9

電話:098-937-8672

営業時間:11:00~21:00

定休日:木曜日

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

~まとめ~

今回はアワセそば食堂のご紹介でした。

豚骨臭にビックリした、はぴおきパパでしたが店内はお客さんでほぼ満席状態。

地元民から愛されている食堂だと感じましたね。

気になる方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

それでは。

し~ゆ~(See You)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です