遊ぶ、グルメ、癒やし 沖縄で感じる全てがここにある・・・あなただけの沖縄STORY
沖縄移住

沖縄育ちの”はぴおきパパ”が教える沖縄移住のメリット・デメリットとは

  • 2021年9月11日
  • 2021年9月12日
  • フリー
沖縄移住

ハイサ~イ🌺

沖縄が5度目の緊急事態宣言延長に突入して、「マジかぁ」と思っている今日この頃です。

どうも、はぴおきパパです。

沖縄では緊急事態宣言が5月から始まり約5ヶ月間近く宣言が継続中です。さらに沖縄では5度目の宣言延長が決定、9月末までになってしまいました。一体いつまで延長続くのか。。県民のみなさん希望を持って頑張りましょう。

緊急事態延長でなにかと慌ただしい沖縄ですが、本日は沖縄移住について考えてみたいと思います。

沖縄移住について様々な情報が雑誌やネットで出回っています。沖縄で生まれ沖縄で育った沖縄しか知らない”はぴおきパパ”の100%地元目線で沖縄移住のメリット・デメリットを忖度なし本音で語ってみたいと思います。

沖縄は移住先ランキングで常に上位

沖縄
~ 沖縄の伝統的な赤瓦 ~

沖縄は全国移住先ランキングで常に上位にランクインする移住人気県になります。本土の方から見た沖縄は本土とは異なる環境や文化などに魅力を感じているそうです。沖縄移住のメリットとは一体何なのか。

・沖縄の美しい海を気軽に感じることが出来る。(ダイビング、海水浴、潮干狩り、など)

・沖縄観光だけでは分からない沖縄特有の食文化や地元民感覚が身につく

・本土に比べ時間の流れが比較的ゆったりとしているので時間に追われなくてすむ

・沖縄が世界に誇る海を満喫

沖縄移住の最大のメリットはなんといっても沖縄が世界に誇る美しい海をいつでも身近に感じることだと思います。エメラルドグリーンに輝く海に真っ白な砂浜を満喫できる!これだけでも沖縄移住の価値があるかもしれません。

・沖縄特有の食文化や地元民感覚

沖縄の食は『ちゃんぷるー文化』に代表されるように、独特な食文化を形成しています。ソウルフードも数多く、沖縄そばを筆頭にタコライス、ゴーヤーチャンプルー、タコス、ステーキ等々‥様々な国の食文化がミックスされた沖縄の食文化の味わい深さを体感することができます。また沖縄で生活することで、観光だけでは分からない地元民目線の沖縄に触れることができます。

・沖縄時間はゆったり

沖縄は本土に比べ時間のスピードが遅く感じると言われています。県民の性格は、おおらかであまり物事を気にしない人が多いので、常に時間に追われる感覚があまりありません。

沖縄移住のメリットを考えてみましたが、このぐらいしか思いつきません‥う~ん考えてみると沖縄移住のメリットが実はあまりないように思えます。沖縄が移住先ランキングで常にランクインしている理由はテレビや雑誌などメディアで多少過大宣伝しているせいかもしれません。実際、沖縄県民の知り合いに本土の方が沖縄に移住する理由は何だと思うと聞いても、ほとんどの知り合いは沖縄に移住する人はなぜ沖縄に移住するのだろうって言ってます。沖縄県民と本土の方が思い描く沖縄のイメージ象に大きなギャップがあるように思います。

沖縄移住は基本的にはオススメできません

沖縄の海
~ 沖縄が世界に誇る”ちゅら(美しい)海” ~

沖縄移住に憧れる方が多くいますが、実際に住んでみて感じる沖縄の印象と観光で訪れた沖縄では全く別のものだと考えた方が良いかもしれません。沖縄観光で訪れた沖縄は非日常の体験であり、実際に沖縄に住むとなると日常の生活になります。沖縄観光で訪れた沖縄に魅力を感じていても沖縄での生活となると様々な壁がでてきます。沖縄移住のデメリットについて考えてみましょう。

・沖縄には安定した仕事がほとんどありません(沖縄移住の最大のデメリットかも)

・所得格差があり、貧困層の割合も全国ワーストレベル

・沖縄県民は意外とシャイでテレビなどで見るフレンドリー感はありません

・沖縄は島国のため輸送費が本土よりかかるため基本的に物価は高め

・気候があまりよくない

・沖縄には仕事が無い!?

沖縄移住で最大の問題になる転職事情ですが、沖縄にはほとんど安定した仕事の募集がありません。沖縄は全国最低レベルの低賃金労働が当たり前で、給料面での不満から仕方なく起業・独立する件数が全国1位になっています。安定した企業が本土に比べると少なく、製造業などもほとんど無いため、職種が限定され失業者も高い状態です。沖縄移住する方で移住を諦める理由として、もっとも大きな原因のひとつになっています。ハローワークなどで職を探してみても大部分は飲食業か介護職など特定の業種しか求人募集がありません。

・所得格差が全国トップレベルかつ全国最低基準の低賃金

沖縄は所得格差が全国的に見てもかなり高いです。1000万円以上の収入がある人が全国7位ですが、県民の平均的な賃金は全国最低なのです。つまり、沖縄の経済事情は裕福層が多く貧困層も多いと言った極端な2分化が起こっています。

・沖縄県民は意外と冷たい

沖縄県民は以外と人見知りの人が多く本土の方を積極的に受け入れようとしません。県民のなかには本土の方をあまり良く思っていない人も多く「ナイチャー」と言った表現があり、少し差別的なニューアンスで表現する沖縄方言もあるくらいです。

・島国のため物価が東京水準

沖縄は島国のため輸送費がかかり、本土と比べても大分物価が高いように思えます。以前、沖縄に移住した東京の知り合いに話を聞く機会があったのですが、沖縄の物価は東京と同じぐらいか少し高いぐらいだそうです。沖縄は全国ワーストの低所得にもかかわらず物価が東京水準だと考えると、ゆとりある生活を送るのはなかなか厳しいように思えます。

・1年を通して気候や天気が悪く過ごしにくい

沖縄の気候はあまり良くはありません。テレビなどでは晴れた南国感を前面にアピールしていますが、実際の沖縄の気候や天気は1年を通して高温多湿でジメジメとした蒸し暑い印象です。また、降水量も全国トップレベルで雨が日頃からよく降っている環境になります。

沖縄移住者の約7割が数年で地元に帰るという衝撃の事実が

沖縄
~ 空から見る沖縄 ~

観光で訪れた沖縄のイメージと実際に住んで生活してみた印象が大きく異なり、なんと移住者の約7割が沖縄での生活を諦め地元に帰ってしまいます。やはり大きな原因は、沖縄移住のデメリットで話した要素が高い障壁となっているようです。

はぴおきパパ ✨one Pointアドバイス✨

 
はぴおきパパ
沖縄観光で訪れた沖縄のイメージと実際に日常として住んでみる沖縄とでは様々な印象の違いに戸惑う移住者が多いと心得るべし!

・沖縄移住はメリットよりもデメリットの方が個人的には多い気がします。移住希望の方は慎重に下調べをすることをオススメします。

まとめ

今回は忖度なしで沖縄移住について考えてみました。いろいろ考えてみると移住者にとってデメリットが多い記事になってしまいました。

今まで沖縄移住を肯定的な点だけで紹介している他の情報とは異なる意外な情報が多かったと思いますが‥(辛口評価になってしまいました)

もちろん、沖縄移住の良さもあると思います♪

あくまでも今回の沖縄移住のメリット・デメリットは”はぴおきパパ”の独断と偏見である個人的な意見だということをご了承ください。

それでは、また。

し~ゆ~(See You)

>今売れています! ”沖縄のアグーハンバーグ”

今売れています! ”沖縄のアグーハンバーグ”

南国の太陽が降り注ぐ、石垣島のパイナップルを食べて育った、
希少な沖縄県産アグー豚「南ぬ豚(ぱいぬぶた)」を使用した幻のハンバーグ。
肉汁や旨みを中に閉じ込めて、真心を込めてひとつひとつ丁寧に作られています。

CTR IMG