遊ぶ、グルメ、癒やし 沖縄で感じる全てがここにある・・・あなただけの沖縄STORY    ~ Playing, gourmet, healing Everything you feel in Okinawa is here ... Your own Okinawa STORY ~
沖縄の野菜ナーベーラーはヘチマ

沖縄マニアなら知っている沖縄グルメ「ナーベーラー」の魅力

沖縄の野菜ナーベーラーはヘチマ
ブログランキング・にほんブログ村へ
※ 沖縄が大好きな人は、応援ボタンをポチッ♪

ハイサ~イ🌺

今日の沖縄は、大荒れの天気。

どうも、”はぴおきパパ”です。(@HAPIOKI Twitter)⇦ お得な沖縄ローカル情報満載

沖縄は朝から、雨‥雨…大雨なんです。

ここ数年の沖縄は、1年のほとんどが曇りや、小雨の日が非常に多いですね。
昔は、こんなんじゃなかったけどなぁ…沖縄。

沖縄の天気事情、雨の日が多い事実
~ 今日も雨 ~

「沖縄の天気どうした?」と感じる毎日さァ。

特に最近は、気持ちの良い晴れ間の下で洗濯物を干したいと願う”はぴおきパパ”😄
しばらく、この願いは叶いそうにないかな。。

みなさんの地域でも雨の日、増えましたか??

沖縄の食材 ナーベーラーって何?

沖縄の野菜ナーベーラーはヘチマ
~ 沖縄県民の大好物ナーベーラーの正体とは ~

沖縄には、多種多様な野菜や果物があります。

そんな中でも、沖縄で日常的に食べられている野菜の代表格といば、ナーベーラーだと思います。

本土の方には、あまり馴染みのない野菜だと思いますが、沖縄ではゴーヤーに並ぶ人気の野菜となっていますよ(o゚▽゚)o

何度も沖縄旅行をしている方でも、ナーベーラーを知っている人は少くない印象です。

ところで、沖縄でナーベーラーの愛称で呼ばれているこちらの野菜、実は…ヘチマのことなんです。

えっ!?沖縄ではヘチマを食べるの??と驚かれた方もいると思うさァ。
沖縄でヘチマというと食材のイメージが強いんですよ。

ちなみに、本土ではお風呂で使うタワシのイメージが強いかもしれませんね😄

沖縄でヘチマは、食べる物と覚えておいて下さいね✨
沖縄県民はナーベーラーが大好きさァ♪

ナーベーラの調理方法とは

沖縄の野菜ナーベーラーはヘチマ
~ 沖縄で、ナーベーラーの調理と言えば”アレ” ~

沖縄県内でナーベーラーの一般的な調理方法は、味噌で煮込んだナーベーラーの味噌煮込みがもっともメジャーです。

味噌で煮込んだナーベーラーは、柔らかいトロッとした食感と、ほのかな甘みでクセのない食べやすい味わいが特徴です。

ナーベーラーの味噌煮込みは各家庭で入れる具材が異なり、それぞれの家庭の味わいがあるのも魅力だと思います。

各家庭で定番の味があるぐらい、県民にとっては欠かせない沖縄食材のナーベーラー

”はぴおきパパ”の家庭では、味噌で煮込んだナーベーラーに、ポーク(スパム)、豆腐(木綿or絹)などを入れて食べていますよ。

ポークのほどよい塩気と、豆腐の包み込むような優しさ、香り豊かな味噌の味わいが染み込んだナーベーラは完璧なほどベストマッチ😤

はぴおきパパ✨one Pointアドバイス✨

 
はぴおきパパ
沖縄では、ヘチマのことを「ナーベーラー」と呼びますが、なるべく語尾を伸ばして呼ぶのが沖縄流さァ~♪
沖縄の地域では大体の言葉を語尾を伸ばして呼ぶことが多く、語尾を伸ばして喋ると、沖縄の地元民から”あっ!?この人”分かってるな!と思われるハズですよ♪

沖縄が大好きな ”あなたへ” 沖縄旅行や沖縄観光の素敵な思い出に、どうぞ!!

まとめ

沖縄の隠れ食材として知っておきたい「ナーベーラー」。

ナーベーラの存在を知っている方は、沖縄上級者に認定されるレベルさァ😆

ナーベーラーは、クセもなく食べやすい沖縄食材だと思うので、ぜひ、沖縄を訪れた際にはナーベーラーの味噌煮込みをチャレンジしてみて下さい。

それでは、また。

し~ゆ~(See You)

”沖縄”や”沖縄の食材”が大好きな『はぴんちゅ』は‥

\ 応援よろしくさァ~♪ /

☆ いつも温かい応援ありがとうございます♪ ☆

※ ”はぴんちゅ”=沖縄が大好きな【はぴおきファン】を表す最上級の言葉

>今売れています! ”沖縄のアグーハンバーグ”

今売れています! ”沖縄のアグーハンバーグ”

南国の太陽が降り注ぐ、石垣島のパイナップルを食べて育った、
希少な沖縄県産アグー豚「南ぬ豚(ぱいぬぶた)」を使用した幻のハンバーグ。
肉汁や旨みを中に閉じ込めて、真心を込めてひとつひとつ丁寧に作られています。

CTR IMG